ヒューマンスタディ協会 サービスサイト


サービス利用規約

制定日 2009年10月10日 制定

第1条 はじめに

  • 1.このサービス利用規約(以下「利用規約」といいます)は、ヒューマンスタディ協会(以下「当協会」といいます)が本サイト上で提供するサービスを、ユーザーが利用する際の一切の行為に適用します。
  • 2.利用規約は、本サービスの利用条件を定めるものです。ユーザーは、利用規約に従い本サービスを利用するものとします。
  • 3.ユーザーは、本サービスを利用することにより、利用規約の全ての記載内容について同意したものとみなされます。

第2条 定義

利用規約において使用する用語の意義は、次の各号に定めるとおりとします。
  • 1.本サイト:当協会が運営する「ヒューマンスタディ協会 サービスサイト」と称するウェブサイト(URL http://service.hs-society.org/)をいいます。
  • 2.本サービス:当協会が本サイト上に提供するサービスをいいます。
  • 3.ユーザー:本サービスを利用する者をいいます。
  • 4.サービス等:本サイト上において販売されるサービスをいいます。
  • 5.利用料金等:ユーザーが本サービスを利用し、サービス等を購入したことによって生じた当協会に対する債務をいいます。
  • 6.決済手段:利用料金等の支払方法をいいます。
  • 7.料金決済サービス:本サイト上で成立した当協会とユーザーとの間の取引の代金決済の方法であって、ユーザーが予め登録した決済手段の情報を用いることにより、決済手段の情報をその都度入力したり送信することなく、インターネット上で代金決済を行えるようにするサービスをいいます。

第3条 利用規約の変更

当協会は、当協会の判断により、利用規約をいつでも任意の理由で変更することができます。変更後の利用規約は、当協会が別途定める場合を除いて、本サイト上に表示した時点より効力を生じるものとします。ユーザーが、利用規約の変更の効力が生じた後、本サービスをご利用になる場合は、変更後の利用規約に同意したものとみなされます。

第4条 利用資格

本サービスの利用は、利用規約に同意し、ユーザー登録を行った方に限るものとします。

第5条 ユーザーの責任

ユーザーは、ユーザー自身の自己責任において本サービスを利用するものとし、本サービスを利用してなされた一切の行為及びその結果について一切の責任を負います。

第6条 パスワード及び決済手段の管理

  • 1.ユーザーは、本サービスのパスワードの管理について一切の責任を持つものとします。
  • 2.ユーザーは、料金決済サービスに登録しているクレジットカードの情報が自己の管理に属さなくなったときには、自己の管理に属する使用可能な別の決済方法の情報を決済手段として改めて登録しなければならないものとします。
  • 3.ユーザーは、本サービスに登録している情報の内容が変更されたときには、正確な情報を改めて登録しなければならないものとします。
  • 4.ユーザーの本サービスのパスワードや決済手段が第三者に利用され、又は本サービスに登録されている情報の内容が不正確であったことによってユーザーに生じた損害等につきましては、当協会に重過失がある場合を除き、当協会はいかなる責任も負いません。

第7条 サービスの変更等

当協会は、当協会の都合により、本サービスをいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了することができます。

第8条 利用料金等

  • 1.本サービスの利用料金等は、サービス毎に定めるとおりとします。ただし、個別の利用規約等に定めがある場合を除きます。
  • 2.当協会は、本サービスによって行われた代金決済についての領収書等は発行いたしません。
  • 3.本サービスの利用に必要な通信料その他の費用が発生する場合は、当該ユーザーが負担するものとします。

第9条 決済手段

  • 1.ユーザーは、自分の管理に属する有効なクレジットカードの情報を決済手段として料金決済サービスに登録し、当該決済手段によって利用料金等を支払うものとします。
  • 2.前項の決済手段は、次に掲げるいずれかの方法によるものとします。
    •   1.PayPal(クレジットカード)
  • 3.利用料金等は当該クレジット会社の会員規約において定められた振替日にユーザー指定の口座から引き落とされるものとします。
  • 4.支払いに必要な振込み手数料その他の費用が発生する場合は、当該ユーザーが負担するものとします。

第10条 ユーザーによる解約

ユーザーが本サービスの利用を停止する場合は、当協会所定の方法で解約を申し出るものとします。当協会は、既に受領した利用料金等の払戻し等には一切応じないものとします。

第11条 利用停止

  • 1.ユーザーが利用料金等の支払いを支払期日より遅延したと当協会が認めた場合には、当協会は、当該ユーザーに通知することなく、提供中の全ての有料サービスの利用を停止することができるものとします。
  • 2.本サービスに決済手段として登録されたクレジットカード利用が停止されたと当協会が認めた場合には、当協会は、当該ユーザーに通知することなく、提供中の全ての有料サービスの利用を停止することができるものとします。
  • 3.ユーザーが、利用規約に反する行為をしたと当協会が認めた場合には、当協会は、当該ユーザーに通知することなく、提供中の全てのサービスの利用を停止することができるものとします。

第12条 禁止行為

ユーザーは、いかなる理由であっても以下の行為を禁止します。
  • 1.本サービスのログインID(メールアドレス)やパスワード等を第三者に開示、貸与又は譲渡する行為
  • 2.当協会の許可なく、本サービスが提供する情報の一部又は全部を現存するあらゆるメディア(媒体)への複製、送信、転載、配布、頒布等の方法により、第三者に提供する行為
  • 3.有害なコンピュータプログラムを送信または書き込む行為
  • 4.当協会の運営を妨害する行為、信用を毀損する行為
  • 5.法令に違反する行為、違反するおそれのある行為

第13条 責任の制限

当協会の重過失により、ユーザーが本サービスを一切利用できない状態が生じた場合には、当協会は、当該ユーザーにおいて当該状態が発生したことを知った時から起算して168時間以上利用不能の状態が継続した場合に限り、当該状態が生じた期間に発生する期間サービス料金の合計額÷サービス期間日数分に、利用不能の日数を乗じた額(円未満は切り捨てるものとします。)を限度として、当該ユーザーに発生した現実の損害の賠償請求に応じるものとします。ただし、次に掲げる場合は、当協会は賠償責任を負わないものとします。
  • 1.天災地変等当協会の責に帰さない事由により生じた損害
  • 2.当協会の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害
  • 3.サーバーのメンテナンスなどサービスの提供にあたって必要不可欠な行為によって生じた損害

第14条 免責

当協会は、本サービスの内容の追加、変更、又は本サービスの中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。アクセス過多、その他予期せぬ要因で表示速度の低下や障害等が生じた場合も同様とします。

第15条 債権譲渡

当協会は、その債権を第三者に譲渡できるものとし、ユーザーは、そのためにユーザーの個人情報等が当該第三者に提供されるものとします。

第16条 準拠法及び管轄裁判所

  • 1.利用規約及び利用規約の準拠法は、日本法とします。
  • 2.ユーザーと当協会の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

  • 1.利用規約は2009年10月10日から施行します。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 - 2017 ヒューマンスタディ協会 All Rights Reserved.

displayed at 2017/08/17 06:33:50 <2,620,296>